2009年06月25日

周期表の覚え方

学生のころ周期表を覚えようとした方は多いでしょう。
1869年にメンデレーエフ氏によって提唱されたそうです。

20090625-1.gif

そのころは元素も60個くらいだし、遷移元素(現在の周期表では中央あたり)は分類できず別格になっていたりで、かたちは違っていますが。

私も理科系の一人として周期表を覚えることはとても重要なことでした。

H,He,Li,Be,B,C,N,O,F,Ne …
「水兵リーベ僕の船」
なんて覚え方がありましたね。

しかし、単純な記号で100個もあるから簡単には覚えられません。
そんなとき、福音が…

高校生のときでした。クラスの友人から覚える方法を教わったのです。
族で覚えると「超役に立つ」しその覚え方があるというのです。

族といのは、周期表の縦の列で、一番左が第1族、一番右側が第18族になります。

なぜ属が重要かというと、属によって価電子の数が決まり、価電子の数は科学的性質に大きく影響を与えるからです。

20090625-2.jpg
たとえば、一番左の第1族元素は「アルカリ金属」とも呼びますが、価電子(一番外側の軌道にいる電子)を1個持ちます。8個で安定する軌道に1個だけ存在するので、非常に不安定で、その1個の電子はちょっとした刺激で外に放出されてしまいます。だから激しく反応するものが多いのです。

一番上のH(水素)は第1族に含めないという人が多いので無視して、2段目のLi(リチウム)、その下のNa(ナトリウム)などは、水と反応して燃えます。

たとえば、「ナトリウム爆弾」。昔、過激派が小豆程度の大きさのナトリウムを紙に包んで交番のトイレに入れて去ると、しばらくあとで爆発が起きて、交番自体が吹っ飛ぶという事件がありました。ナトリウムは水と触れると大爆発を起こします。ナトリウムは実験室で爆発させたことがありますが、ルビジウムとかセシウムなんかは危なくて実験すらさせてもらえません。

この性質は強弱の違いはあっても、第1族元素共通の性質ですから、第1族元素は密閉して空気中の水分に触れさせないように保管します。
また電子(マイナス電荷)を1個放出しますから、イオン化するときには+1価になることも分かります。

20090625-6.jpg
第17族元素は逆に、安定する8個に対して1個足りない7個の価電子を持っていますから、強烈に1個の電子を奪い取ろうとします。だからこれも激しく反応するものです。

20090625-5.jpg
第18族元素は、価電子が0。すべて埋まっていて安定した状態です。だから、この族の元素は滅多に反応しません。
He(ヘリウム)は安全性と軽さを生かして風船や気球に使われますし、Ar(アルゴン)は電球や蛍光灯、Kr(クリプトン)も電球、Xe(キセノン)はサッカー場の電球などに封入されます。

20090625-4.jpg
第14族元素は、価電子が8個中4個だから、4個放出する場合と4個もらう場合があり、4つの相手と1個ずつ結合したり、2つの相手と2個ずつ結合したり、組み合わせが豊富にあります。C(炭素)ではアミノ酸など生命体を中心にものすごい種類の物質を形成しますし、Si(ケイ素、シリコン)では工業用を中心にこれまたすごい種類の物質が作られています。

そんなわけで、族で覚えることはとても役に立つのです。

んで、その覚え方ですが、ちょっと紹介するのは気が引けるのですが、世のため人のためと思って

出血大サービス
一挙、大公開しちゃいます

第1族
  Li (リチウム)
  Na (ナトリウム)
  K  (カリウム)
  Rb (ルビジウム)
  Cs (セシウム)
  Fr (フランシウム)
 覚え方:
  「リッチなコソ泥、ルビーをせしめてフランスへ」

簡単ですね。ちなみにRb(ルビジウム)はナトリウム以上に激しく爆発するらしいです。

第2族
  Be (ベリリウム)
  Mg (マグネシウム)
  Ca (カルシウム)
  Sr (ストロンチウム)
  Ba (バリウム)
  Ra (ラジウム)
 覚え方:
  「ベッドに潜れば彼女のスリップばら色」

 ちょっと怪しい雰囲気になってきました。

第14族
  C  (炭素)
  Si (ケイ素)
  Ge (ゲルマニウム)
  Sn (スズ)
  Pb (鉛)
 覚え方:
  「臭いチン毛を、はさんでピービー」

 男にしか分からない痛みかも。

第16族
  O  (酸素)
  S  (硫素)
  Se (セレン)
  Te (テルル)
  Po (ポロニウム)
 覚え方:
  「遅いセックステンポ」

 ますます怪しく…
 やめておいた方が良かったかなぁ。でも今更あとには引けない。

第17族
  F  (フッ素)
  Cl (塩素)
  Br (臭素)
  I  (ヨウ素)
  At (アスタチン)
 覚え方:
  「ふっくらブラジャー、私がアタック」

第18族
  He (ヘリウム)
  Ne (ネオン)
  Ar (アルゴン)
  Kr (クリプトン)
  Xe (キセノン)
  Rn (ラドン)
 覚え方:
  「変な姉ちゃん歩いて狂ってセックスランニング」



純潔を大切にする統一食口が、こんな下ネタで喜んでいて良いのだろうか。

いや、これは世の受験生のためだ。奉仕なのだ。
(ほんとか?)


ちなみに、高校時代、クラスの女の子から
「すごい、どうやって周期表を全部覚えたの」
と聞かれましたが、正直に答えることが出来ませんでした。

言葉に詰まりながら「丸暗記だよ」と答えたため、その子は翌日から一生懸命に丸暗記しようとしていました。数日で挫折したみたいです、

神様ごめんなさい。私が嘘をついたため、その子は周期表が覚えられなくて科学が嫌いになったかもしれません。




◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:11 | Comment(3) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

喜びが生じるメカニズム

原理講論の前編 第三章 創造目的 の中で喜びがいかにして生じるかを次のように書かれています。

「喜びは独自的に生ずるものではない。無形のものであろうと、実態であろうと、自己の性相と形状のとおりに展開された対象があって、それからくる刺激によって自体の性相と形状とを相対的に感ずるとき、ここに初めて喜びが生ずるのである。」

私はコンピュータのソフトウェア開発を生業としています。昔からソフト開発というのは、無から有を生じるというか、無味乾燥な命令セットを駆使して、まるで人格でも持つかのような便利なシステムを作るものです。
20090624-3.jpg


ソフト開発には、自己の性相と形状がそのまま展開されます。画面のデザインや操作性だけでなく、内部の作りでも個性が表れます。

ソースコードを美しく書く人、動けば何でもいいと言わんばかりのソースコードもあります。
同じような処理の部分でも力任せに繰り返し書く人もいれば、共通部分をまとめて短く簡潔に仕上げようとする人もいます。

昔の汎用機プログラマは、「ステップ単価」という「ソースコードの行数で報酬が決まる」時代に生きていたせいか、力任せに書く人が多いように感じます。

最近は「オブジェクト指向」という考えが定着してきて、プログラムの仕方も変わってきました。
昔のプログラムは、流れ図とかフローチャートなどで処理の順を書きましたが、オブジェクト指向のプログラミングでは「役割分担」を考えることが大切になります。

「役割分担」というのは専門用語でクラスというのですが、「専門家」と言っても良いと思います。
「お金の計算はこいつにやらせよう」、「顧客の検索や保存はこいつにやらせよう」、「商品に関わることはすべてこのクラスの仕事だ」といった具合です。

オブジェクト指向のお陰で、プログラムが大規模になったり機能追加が必要になっても、どのクラス(専門家)の役割なのかを整理さえすればゴチャゴチャになることが無くなりました。

昔はゴチャゴチャになって訳が分からぬプログラムコードを「スパゲッティ状態」などとよく言いましたが、最近は聞かなくなりました。
20090624-5.jpg

プログラミングの世界も、まるで人格を持たせるかのようにクラスという役割分担をしていきます。ますますプログラマの考え方がそのまま反映します。

自分でも「この役割分担はスッキリしている」と思えるときは、とても気持ちいいし、作りながらも愛着を感じます。「会心の出来」と思える仕事が出来たときは出来上がった後でもうっとりします。

クリエイターの仕事はこういう喜びが多いのでしょうね。
統一教会の信仰を持つようになってから、そういうことをしみじみと考えるようになりました。
これが神様の天地創造の喜びの心情に通じるのですね。

もっと喜びの刺激が強いのは物ではなく人との間ですけど、難しいことも多いですね。我が夫婦も微妙なバランスを取りながら綱渡り状態です。
ファイト! がんばろう!

20090624-4.jpg


◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アデノウイルス

先週、高熱を出していました。

普段からノドが弱いので、今度も喉の風邪かなって思いながら耳鼻咽喉科に行きました。
溶連菌の検査をされましたが菌は見つからず、とりあえず抗生剤とかもらって飲んでいました。

20090624-1.jpg

しかし、2日飲んでも熱が下がらない! だる〜い体を起こして熱を測ったら39.4度もある。
20090624-2.jpg

フラフラになりながら医者に行こうと思ったらなんと定休日。 
ガーン! Oh! God! That's too bad!

仕方なく解熱剤を飲んでその日はしのいで、翌日もう一度耳鼻科に行ったら、アデノウイルスだって。
あと2日で熱は下がると予告され、確かに予告通り熱は下がりました。

ネットでアデノウイルスを調べてみましたが「特効薬無し」で抗体が出来るまで忍耐するしかないらしい。

苦しい5日間でした。

苦しいけど寝ながら思いました。
生きているだけでも感謝だなぁ。もっと重い病気で絶望の淵にいる人も大勢いるし、自分が病気になることで家族が災いから守られているのかもしれないし。
治ったら今まで以上に公的に頑張ろうと思いました。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天体物理学

宇宙と言えば、地球上と同じ物理法則が使えるのも不思議というか面白いですね。

ケプラーとかアインシュタインをはじめとする物理学者は、基本的には地球上と同じ物理学を宇宙に当てはめているし、地球にあるのと同じ物質(元素)で宇宙が構成されています。

水素、ヘリウムとかメタンガスとか…。

現在110種類くらいの元素が見つかっていますけど、地球にはその殆どの元素が存在しているので、神様は地球を宇宙の縮小のように作ったのかなぁって思います。

20090623-4.jpg

地球に何気なく暮らしていますが、太陽からの距離や、大気、水分など、絶妙のバランスで生命が誕生しているらしく、地球と同じような惑星が見つかっても、生命が存在する確率はかなり低くなるらしいです。

これも神様のなせる業。

統一教会の統一原理によれば、神は人間を「我が子」として創造されたので、神様自身が考えられる最高の環境を人間に与えたそうです。それが親心だから。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

天動説と地動説

実は、天文学にも興味があります。

中学生のときに直径12cmの反射式望遠鏡というのを買って、モータードライブという星の動きを自動で追う装置まで買って、かなりのめりん込んでいました。

20090623-1.jpg20090623-3.jpg


あいにく東京に住んでいるため、天体観察には向かない場所なのですが、それでも冬になれば空気も透き通り、惑星中心に3日おきくらいに近くの広場まで望遠鏡を運んで星を見ていました。



ところで、ずいぶん昔の話で、天動説っていうのがありました。
今では信じている人は滅多にいないでしょうけど、地球の周りを太陽と惑星がが回っているという考え方です。

当時、神様を信じていた人たちは、宇宙を作った神が人間を作ったわけだから、私たちのいる世界が中心になるのは当然のことと考えました。

しかし、惑星のように一定のスピードで動かない星の説明に苦労し、計測精度が向上するにつれて理論とのズレが生じるたびに、それを補う理屈を付け加え、かなり複雑な理論になってしまったそうです。

ちなみに惑星って、「惑う星」と書きますが、実際に惑っているように見えるからそう名づけられたそうです。
どう惑っているかというと、恒星は毎日一定の速さで東から西に移動しています。でも、惑星は恒星より早く動いたり、時にはものすごく遅くなったりします。

たとえば、地球のすぐ外側を2年かけて回っている火星を地球が追い越すときには、火星が後退しているようにさえ見えます。

20090623-2.jpg

ここで有名なコペルニクスさんが登場します。コペルニクスは地動説を唱えたとで有名ですが、当時の宗教家たちから相当反発を食らったそうです。
「地球が中心じゃない」という考え方は「神を冒涜する」として、地動説を唱える学者の中には張り付け火あぶりの刑になった人もいるくらいです。

でも多くの宗教者の期待裏切り、地動説が事実でした。それだけでなく、地球(太陽系)は銀河系の端のほうであることがわかり、さらに銀河系は宇宙の中心から大きく外れていることもわかって来ました、

なぜ神は地球を太陽系の中心に置かなかったのでしょう?
なぜ神は太陽系を銀河系の中心に置かなかったのでしょう?
なぜ神は銀河系を宇宙の中心に置かなかったのでしょう?

傲慢にならないようにでしょうか?

なにか深い意味があるのでしょうね。


◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。