2009年07月20日

父親を40年間も憎んでいました

統一教会員のブログを見つけては読んでいるのですが、鏡の法則を紹介していたのを見て思い出しました。

「統一運動」
http://uc-ideal-family.seesaa.net/article/122714683.html

この教会員も「涙が流れてたまりませんでした。人の幸せの秘密がここに隠されていたのかと驚きをもって、気ずかされました。」と書かれていて、この「鏡の法則」は奥深い内容があると感じます。


私もちょっとだけ似た経験をしたことがあります。私の人生を変える大事件でした。

私は小さい頃から父親を恨んでいたことがあります。そのことを信仰を持っていない人に話したことがあります。その人は「父親の事なんて忘れて、父親を無視して生活したら楽になる」というアドバイスをくれました。

しかし、統一教会では親との情関係が悪いというのは致命的とも言える問題なのです。

統一教会では、神様が親(父であり母である)であると教えられていますから、父親からの愛情を感じられなければ、神様の父親的な愛情が分からないというのです。経験が無いと観念的で、実感の伴わないものになってしまいます。神様の心情が分からず、神様は遠い存在に感じてしまうことになります。
また、自分が父に愛された実感がないと、子供にも父親らしい愛情を注げず、いびつな愛情になりやすいというのです。

それで、ある晩、父に率直に気持ちを話しました。その前後の話しをします。


【学校で虐めを受けて、父を恨んでいた自分】

私は小学校1年生の初めの頃、転校して友達もおらず気が弱かったこともあり、隣の席の女の子から嫌がらせ受けていました。先生に話しても「男だからしっかりしなさい」と言われて聞いてもらえませんでした。
親に何度か話したけど忙しくて相手をしてもらえず、叔父からは「お前が弱いからだ。虐め返したらいい」と言われたので素直に実行したら、こんどは「男のくせに女の子をいじめるなんて最低だ」と、クラス中を敵に回す結果になりました。

1年生の初めから虐めが始まり、結局5年生になるまでトイレや委員会の個室などで虐めを受けてきました。恐怖で震えて学校に行けない日もかなりありました。

小学校4年間、ずっと助けを求めてきたのに、私の両親は仕事が忙しくて相手をしてくれず、助けてもらえませんでした。結局、私を虐め続けた数名が、5年生のクラス替えで皆違うクラスになるまで虐められました。
それ以来、私は両親を、特に父親を憎んで生きてきました。

統一教会に入り、心の整理をしていくうちに、父親との関係修復が絶対に必要だと分かりました。でも、どうして良いか分からず、10年くらい何も出来ずにおりました。教会に来てからも、信仰の障害となってしまっている自分の運命を恨んでもいました。


【父に率直に話しました】

ある晩、父と話しをしているときに、何となく小さい頃の話しになって、その時に思い切って率直に話しました。
虐めを受けていたこと、助けてくれなかったことが悲しかったことを率直に話しました。

そしたら、意外な反応でした。


【父の意外な反応】

父は涙を流していました。そして「申し訳ない」と言いました。
いじめを心配していたけれど私の助けに気がつかなかったそうです。

聞いてみると、父は私以上に辛い幼少期を通過していました。

産後の肥立ちが悪く母親とは会うことが出来ず、父親も幼い頃に無くなったため、親戚のうちに引き取られました。しかし迷惑がられていて、子供としては扱ってもらえず、家族とは別に職人と同じ机で食事をしていたそうです。
学校でもいじめられ、家に帰っても甘えられる親はいないし、その家の子供にも虐められていたそうです。

私は、学校では虐められていましたが、家に帰れば親がいて、妹とも遊んでいたので、家は安心できる場所でした。でも、父は、学校に行くことも家に帰ることも苦痛だったそうです。


【私が幼い頃の父の姿を思い返しました】

思い返して見れは、父は写真、植木、登山、電気工作など多趣味なのですが、自分のものは何一つ買わず、貧しい中で私のために玩具とかを買ってくれていました。高い玩具は買ってもらえませんでしたが、我が家は貧しかったので、それが精一杯でした。

私の両親は、私が朝起きたときには仕事を始めていて、私が夜寝るときも仕事をしていました。学校の無い日曜も同じでした。それでもぎりぎりの生活でした。だから、休みの日に親に遊んでもらった記憶が殆どありません。

それほど貧しい生活の中、自分の好きなことは一切を我慢して、私や妹のために生活を切り詰めながら欲しいものを買ってくれた父だったことを、その時に気付かされました。

私は、父が両親から愛情を受けていないのに、精一杯の愛情を私や家族に注いでくれていたのに、私はそのことに40年近くも気がつきませんでした。

自分がなんと自己中心の思いで父を見ていたかを考えると情けなくなり、父に対して申し訳なく思い、私も父にそのことを謝罪しました。

その話は朝までかかりましたが、その日以来、私の父に対する憎しみは、感謝の気持ちに変わってしまいました。

妻に話したところ、親から愛されていない父だから、普通なら子供を愛せないはず。きっと、産んだ両親、特にお母さんがとても良い人で、産んだ動機もすごく良かったに違いないと言っていました。私も、他に理由がないなあと思いました。


【もう一つ気付いたこと】

そのことを通じて、もう一つ思ったことがあります。
神様も、私の父と同じような気持ちじゃないかと。

サタンの攻撃を受けながら、必死で復帰の摂理を進めてこられた神様。最愛の息子であるイエス様をメシヤとして送られながらも、誰もが不信して十字架で惨殺されても忍耐した神様。
罪の血統として不幸な立場で生まれてしまった私たちを、少しでも幸せにするためにどれほど苦労されていることか。

しかし、私たちはその神様の愛情を理解出来ず、時には自分の運命に不満を言い、神様に感謝できない事もありました。愛しても理解されず、それでも愛情を注ぎ続けられる神様を思いました。

私が父に対して親不孝してきたのと同じように、神様に対しても親不孝をしてきたと悟りました。

神様は見えないため、父との関係修復より難しいと感じていますが、父との関係が良くなったことで、私自身、神様に対して、より感謝できるようになりました。

神様との情関係を取り戻すためには、親との情関係は非常に重要だと実感します。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 20:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 神様ってどんな方だろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

奇跡の生還から1年

ちょうど1年前、衝撃の情報が流れました。統一教会の文鮮明先生の搭乗されたヘリコプターが墜落炎上したという情報です。
知ったのは夕方でした。死者が出たもようとか、いろいろなニュースが流れていました。
その日は壮年部で定例の集会をしていたときで、9時頃でしょうか、公式に情報が流れてきて、全員が無事であると聞いて安心しました。

あとで知ってみると、まさに奇跡の生還で、神様が保護されたとしか思えない不思議なことが幾重にも重なって、一人の犠牲者も出さずに16名全員が助かったのだと感じます。









偶然が重なるようにして亡くなる方がいるのと同様、奇跡が重なって助かる人もいる。神様と霊界が保護するとこのようなことが可能になる事を見せられました。

統一教会の統一原理によれば、今は堕落により神様が無条件で保護することが出来ない状態にありますが、本然の世界では、神様や天使が無条件で保護する世界であるそうです。

つまり、地上に天国が出来たら、このような奇跡的なことが重なって、大惨事は起きない世界になるということを、この事故を通じて見る事が出来ました。
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

徳野英治 日本統一教会会長辞任会見

統一教会の徳野英治会長が辞任会見をされました。
20090715-1.jpg

(14日の世界日報から引用)

「多大な迷惑掛けた」
統一教会が謝罪会見/特定商取引法違反事件
 印鑑販売会社「新世」(東京都渋谷区)が高額な印鑑を購入させた特定商取引法違反事件などを受け、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の徳野英治会長(54)は13日、都内で会見し「世間をお騒がせし、多大な迷惑を掛けた」と謝罪し、会長職を辞任すると明らかにした。
 統一教会によると、信者がかかわった同法違反事件は、新世を含め、新潟市や福岡市など5カ所で警察に摘発されている。

 徳野会長は統一教会の関連施設への家宅捜索などに「道義的責任を痛感する」と表明。14日付で会長職を辞任すると明らかにした上で、「コンプライアンス(法令順守)を指導していく」と語った。後任には梶栗玄太郎同教会幹部(72)が就任するという。

 一方で、信者らの逮捕については「信者の自覚と責任が十分でなかった」「個人の経営活動に法人が指導・監督する立場にない」と強調し、統一教会の組織的な関与を否定した。

 また、徳野会長は、多くの信者が統一教会の信仰ゆえに拉致監禁され、強制的に改宗を迫られている事実に触れ、「今後、一信者に戻り、信教の自由という崇高なる人間の基本的人権を守るために微力ながら誠心誠意、努力していく」と語った。

 統一教会によると、これまで拉致監禁された信者は4000人にのぼり、多くが離教していった。同会長は、拉致監禁問題について「十分に有効な手立てなり解決策を取ることができず、ある意味では信者を奪われて、受け身の立場をただ甘受してきたような面において、私は大変責任を感じている。拉致監禁されたメンバーに対して大変申し訳なく思っている」と語った。




統一教会がこのような記者会見を行うというのは画期的なことです。こういう日を待っていました。
ただ、こんな状況で道義的責任を取って辞任するというのは貧乏くじを引くようなものだし、静かに辞任することだって出来そうなものですが、記者会見までおこなって謝罪するというのはなかなか出来ないことだと思います。さすが、徳野会長だと感動しました。

私は、20年以上前、何人かの講師から統一原理の講義を受けましたが、受け入れる決め手になったのは、この徳野会長の講義でした。
私は、論理の飛躍が見つかると、なかなか受け入れるのが難しくなる性格でして、受け入れがたい講師も多かったのですが、徳野講師は違いました。

信仰の世界ですし見えない神様の事ですから、科学や理論で説明できない部分は多くあります。その点を徳野講師は明確に話して下さり、自然科学などを元にして論理的に展開できる部分は理路整然と説明されながら、説明できないところは自分で確かめる必要がある部分であることを明確に教えて下さいました。

だから、私は、その「自分で確かめなければならない部分」を確かめて、真実であるかどうかを判断するという明確な目的を持って教会に入りました。

徳野会長が辞任されるのは残念ですが、地位が無くても常に最前線で活躍されてきた方ですから、これからも活躍されると思います。


これまで、多くの教会員(4000人近いらしい)を、暴力や薬物などで拉致監禁し、強姦したりして改宗させて、改宗料として利益を得てきた弁護士や牧師が多くいます。
ですから、会長が辞任するのなら、基本的人権を犯す凶悪犯罪を侵害した牧師や弁護士も辞任すべきだと思っています。同期の兄弟姉妹も何人も拉致されて行方不明になったり、戻っては来たが無気力な廃人のようになって大学も中退してしまった兄弟もおりました。

それでも、そんな弁護士、牧師たちを愛して許すべきなのか、正直なところ迷っています。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 01:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

摩擦力に感謝します

高校の物理くらいになると摩擦力っていうのが出てきますね。

静止摩擦力とか動摩擦力なんて言い方がありました。

詳しく説明しませんが、静止摩擦力(静止摩擦係数)っていうのは、置いてある物を動かすときに、ちょっとの力では全く動かないときの摩擦力(抵抗する力)のことで。
動摩擦力(動摩擦係数)は、力をもう少し加えて動き始めると力を弱めても動き続けるその時の摩擦力です。

物理の問題を解いていると、「摩擦が無いものとする」なんてことが良く書かれています。それは、摩擦があると結構計算が面倒になるからです。摩擦によって音や熱になってしまうため、エネルギー保存則の計算がやたらと難しくなるためです。

計算が面倒だし、摩擦なんて無ければいいのにと思ったこともありました。

でも、それは大間違いでした。

摩擦が無い世界を考えると、
・置いてある物がスルスルと動き回ってしまう
・バスもダンプカーもスルスルと移動するから危なくて道も歩けない
・そもそも滑って道を歩くことが出来ない
・朝起きたら布団が何処か遠くに滑って移動していた
・箸で食べ物を取ることが出来なくなる
・釘を打っても全く効かない

ちょっと考えただけで、生活が困難なことが予想できます。
20090713-1.jpg

空気抵抗も一種の摩擦であるから、空気抵抗がない世界では
・飛行機が飛べない
・上空からの雨粒がどんどん加速して地上では殺人的な速さになる
・あられでも降ろうものなら、鋼鉄製の傘がないと命取りになる

怖い世界です。

神様は摩擦を作ってくれて感謝ですね。

人間同士の摩擦も感謝かな?

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

円周率の計算方法



3.1415926535.....


円周率って日常生活では「3」で困らないし、正確に計算しても「3.14」で十分な気がしています。

 22÷7=3.1428…
 355÷113=3.14159292
 で十分すぎるくらい。

でも、「1万桁」となると状況が違ってきます。

私だけじゃなく理数系の人は、円周率の計算ってどうやってするのか興味を持つ方が少なくないと思います。

私がコンピュータの世界に入ったのは、小さい頃からラジオを作ったりしていて電子回路に興味があったからです。だから、私にとってのコンピュータ(当時は「マイコン」と呼んでいました)は新種の電子回路でした。今風に言えば「ハードウェア」に興味をもったのです。

それが、高校1年の時、コンピュータ部というのがあって、入部したのですが、そのときに顧問の先生のつてで工業高校の実習センターに毎月行くことが出来ました。そこで使えるのは、日立製作所のHITAC(ハイタック)という大型コンピュータで、新製品の発売前テスト稼働も兼ねているため、比較的高性能なコンピュータだそうです。私は普通科でしたから、顧問の先生がいなければ利用できなかった施設です。

そのときに顧問の先生から円周率の計算が出来ることを教えてもらって、早速、友人と二人で取り組みました。円周率の計算なんて科学者にしか出来ないと思い込んでいた私は、喜んでとびつきました。



【最初のプログラム】

言語はFORTRAN(フォートラン)という科学技術計算用のプログラム言語です。

最初に作ったのは 
   20090710-01.gif
という 「 45度のタンジェントは1である 」 って高校1年生で習う三角関数があります。
その逆関数で円周率の値を求める方法です。
式は
   20090710-02.gif
となります。

20090710-03.gifは tanの逆関数でarctan (アークタンジェント)とも書きまして、Excelの場合ならセルに
=4*ATAN(1) と入れれば結果が出ます

でも、これだけでは長い桁の計算が出来ませんが、テイラー展開という手法で級数に展開すると、
   20090710-04.gif
となります。(なるそうです)

いきなり複雑な式が出てきました。
この先、読むのがイヤになりました?



でも、20090710-02.gif つまりx=1ですから、上の式にx=1を代入しすると、とっても簡単な式になります。

   20090710-05.gif

ということで、分母を2ずつ増やしてそれを足し続ければよいことになります。
これならExcelでもなんとか出来そうですね。


最初はこれでプログラムを作ってみました。

たしか、小数点以下5桁くらいまで求めるように作ったと思います。
1万桁くらい挑戦すればいいのにと思う方もいますよね。私もそのつもりで取りかかりました。
でも作っていて駄目なことが分かりました。小数点以下5桁求めるだけでも、分母が100000以上になるまで計算をすることになり、そのためには5万回の割り算と足し算が必要です。どれだけの時間がかかるか分からなかったので控えめな桁数にしました。

それでも、3.14159と結果が出たときには感動しました。

ただ、この方法では、1桁精度を上げるために、10倍の計算をすることになり、10桁計算するだけでも50億回も繰り返さないといけないのですから、難しいことは容易に分かります。


【高速化の始まり】

それで、先生に泣きついて教えてもらったのが、マチンの公式です。

   20090710-06.gif

前半をテイラー展開してみると
20090710-07.gif

となり、ちょっと複雑ですが計算してみると7項目ですでに小数点以下10桁になります。先ほどの式では天文学的な回数の計算が必要でしたが、こちらは収束がとても早いです。後半は1/239ということでさらに収束が早くなります。

この方法で1万桁求めるとしたら、いくつまで計算したらいいのでしょう。1万桁目に影響を与えなくなるほど小さい数値になるまで計算したらいいはずです。

およそですが、
  20090710-08.gif

 となるnを求めればいいから、それを解いて
   20090710-09.gif

ですから前半は分母が14307乗の項くらいまで計算すればよいことが分かります。

これで作り直して1万桁をやってみました。CPUタイムで30分かかりました。
これを実行したコンピュータは実習用でしたから無料ですが、時間貸しの場合、CPUタイム1秒あたり数十円になる機種だそうで、数万円分使わせていただいたことになります。


【劇的な高速化】

その後、高速化のために半年くらい改良に改良を重ねた結果、劇的に速くなりました。

計算式も変えて
   20090710-10.gif
というクリンゲンシュティルナの式に変更しました。

分母が10で収束が早いのも理由の一つですが、私が10進数の感覚でプログラムを作ったため、10という数がとても都合がよかったからです。

20090710-11.gifの3乗、5乗、7乗が、0.001、0.00001、0.0000001 というふうに、遅い割り算の代わりに桁をずらすだけで済むため、劇的に高速化できるからです。

最終的に、1万桁を求めるのに、相棒が作ったプログラムは4秒、私は6秒かかりました。残念ながら私の負け。

説明しませんでしたが、FORTRAN言語で扱える数値は10桁前後ですから、1万桁を扱うには5桁とか10桁ごとに分割して計算する必要があります。

やりかたは筆算の仕組みと同じです。筆算は、かけ算の九九しか知らなくても大きな数のかけ算が出来るように、繰り上がりとか繰り下がりを使って計算します。
コンピュータでも同様に、加算と乗算は右から始めて繰り上がりをしながら一番左まで計算したら完了。減算は右から始めるが繰り下がりしながら計算します。除算は左から右向きで割った余りを繰り下がりしながら計算します。

相棒は整数型変数を使って5桁ずつ区切り、私は小数型変数を使って10桁ずつ区切りました。相棒の方が2倍も多く処理しないといけないのですが、実数型と小数型で3倍の処理時間差があったため負けたことが分かりました。


【ソフトウェアに転向】

私はこの経験を通じて、プログラミングの醍醐味を知りました。
ソフトウェアに強い興味を持つようになりました。

最初は、5桁計算できた喜びから始まり、10桁求めるのも不可能と思われるところから、計算式(アルゴリズム)を変えることで1万桁を30分で求められるようになり、その後、さらに工夫に工夫を重ねて、1万桁を6秒にまで短縮できたのですから驚きです。

  絶望的 → 30分 → 6秒

ソフトウェアの開発というのは、技術力の差によって製品の性能に、数100倍、数千倍の差が出るものだと知りました。これは高校生のときですから1981年頃のこと。この頃からソフトウェア開発の仕事に向かい始めていたのでしょうね。

最近の円周率計算では、これと比較にならないほど高速な計算式を使って計算されています。理解出来ていないので説明できませんが。(汗)


データベースの処理では、SQL言語を知らない人が作ったプログラムでは5時間かかる処理が、知識と経験豊富な人が作ると5分で処理できるプログラムになる。ということも珍しくありません。


それから、創造性とインスピレーションによって、不可能と思われていたことが可能になったりするととても嬉しいものです。

だから、科学者は研究し続けるのだろうと思いました。


【神様に与えられた創造性】

統一原理によれば、神様は人間に「創造性」を与えて下さいました。

親なる神様が宇宙を創造されたように、神の子である人間も創造主にしようとされたそうです。
私たち人間が創造するものとは、自分の人格を完成することと、天国を完成することです。

文鮮明先生によれば、堕落によって創造性が僅かしか発揮できなくなったそうです。
これから、復帰されて天国になったとき、皆が天才的な能力を発揮して、どれほど素晴らしい世界が作られていくかを考えるととても楽しみです。


(おわりに)
この文章を作るのは結構大変でした。なれない数式エディタを使い、細かく分けて画像保存して...。
途中でやめようかと思ったくらい。同様に数式を使ったブログもありますが、これほど面倒だとは知りませんでした。


◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 00:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。