2009年07月12日

摩擦力に感謝します

高校の物理くらいになると摩擦力っていうのが出てきますね。

静止摩擦力とか動摩擦力なんて言い方がありました。

詳しく説明しませんが、静止摩擦力(静止摩擦係数)っていうのは、置いてある物を動かすときに、ちょっとの力では全く動かないときの摩擦力(抵抗する力)のことで。
動摩擦力(動摩擦係数)は、力をもう少し加えて動き始めると力を弱めても動き続けるその時の摩擦力です。

物理の問題を解いていると、「摩擦が無いものとする」なんてことが良く書かれています。それは、摩擦があると結構計算が面倒になるからです。摩擦によって音や熱になってしまうため、エネルギー保存則の計算がやたらと難しくなるためです。

計算が面倒だし、摩擦なんて無ければいいのにと思ったこともありました。

でも、それは大間違いでした。

摩擦が無い世界を考えると、
・置いてある物がスルスルと動き回ってしまう
・バスもダンプカーもスルスルと移動するから危なくて道も歩けない
・そもそも滑って道を歩くことが出来ない
・朝起きたら布団が何処か遠くに滑って移動していた
・箸で食べ物を取ることが出来なくなる
・釘を打っても全く効かない

ちょっと考えただけで、生活が困難なことが予想できます。
20090713-1.jpg

空気抵抗も一種の摩擦であるから、空気抵抗がない世界では
・飛行機が飛べない
・上空からの雨粒がどんどん加速して地上では殺人的な速さになる
・あられでも降ろうものなら、鋼鉄製の傘がないと命取りになる

怖い世界です。

神様は摩擦を作ってくれて感謝ですね。

人間同士の摩擦も感謝かな?

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

「回転する夫婦」が理想だそうです

原理講論の創造原理で「四位基台の存在様相」のところで次のように書かれています。

「そうして、この実体対象における主体と対象も、これまた、各々二性性相からできているので、それらも同一の授受作用の原理によって、各自円形運動をしているのである。この実体対象は、このように、各自絶え間のない運動をしている主体と対象の授受作用によって、円形運動をするのであるから、その円形運動は、この運動を起こしているその主体と対象自体の特殊な運動様相により、場合によっては、同一の平面上の軌道でのみ起こることもあるが、一般的には、その主体を中心として、絶え間なくその円形運動の軌道の角度を異にしながら回転するので、この運動はやがて球形運動を起こすようになるのである。したがって、四位基台を完成した存在は、みな円形、または球形運動をするようになるので、その存在様相は立体とならざるを得ない。」

主体と対象は固定しているのではなく、回転運動、それも球形運動をするように創造されているというのです。

それが私と何の関係があるんだ! っていうと、実は大いに関係があるのでした。

夫婦も回転するのが良いそうです。

簡単に言えば、いつも夫は主体で、妻は夫に従うものというのは、「回転していない夫婦」で、その立場を自由に変えられる夫婦が「回転する夫婦」ということです。

もうちょっと詳しく書いてみます。(ちょっと難しいかな?)

夫と妻は、夫が主体で妻が対象が基本の位置です。ここでいう主体というのは「授受作用の主体」ですから、「先に愛を授ける側」のことを指します。愛を受ける側が対象です。
20090707夫婦.jpg

主体と対象には、他に「親と子」、「兄と弟」などがあります。
その違いを簡単にまとめると次のようになると思います。

 親と子:
   上下の関係
   (原因と結果の関係)
 兄と弟:
   前後の関係
   (水平の位置。主体も他の誰かの対象になっている)
 夫と妻:
   左右の関係
   (水平の位置。主体には対象しかいない。対象には主体しかいない)

人間関係を上下、前後、左右に並べたとき、夫婦は左右になりますが、これが球形運動するように創造されているというのです。

球形運動すると、左右が、右左になったり、上下、下上、前後、後前になったりするというのです。

そうすると、夫と妻の関係も
@夫と妻
20090707夫婦.jpg
これが基本の立場。夫婦が尊敬と信頼で結ばれ、夫は愛の主体で、妻は美を返す愛の対象となる。

A妻と夫
 20090707妻夫.jpg
妻が大変なときは、夫が妻の代わりとなる。

B父と娘
20090707父娘.jpg
妻が何かで辛い思いをしているとき、自分が父親の心情で妻を愛そうとすれば、妻は自然に娘として無条件の愛で心が満たされ困難を乗り越える力を得ることが出来る。

C息子と母
 20090707母息子.jpg
夫が辛いとき、妻に率直に話して協力を得る。妻は母性本能が強いため親身になってくれるし、母親としての喜びを体験する。

D兄と妹
20090707兄妹.jpg
夫が妻を妹のようにかわいがることで、お兄ちゃんに付いていって一緒に遊ぶ仲の良い兄妹の関係で妹の喜びを感じられる。

E弟と姉
 20090707姉弟.jpg
夫が妻を姉のように尊敬信頼しながら一緒に遊ぶことで、自分を信頼してくれる弟に対して責任感を持つ姉の喜びを感じられる。

などに変化するのが統一教会で教えられている神様の創造理想だそうです。

ここで、重要なことがあります。
「相手に要求しないで、自分がその位置になることが大切」

そのように、自分の状態や妻の状態に合わせて、父親のように愛したり、夫として愛したり、兄や弟や息子の立場で妻に接することで、妻は様々な喜びの心情を味わうことが出来るということです。

これが、四位基台の球形運動というもので、神様の理想だそうです。

しかし、
実行するのはとても難しい。
身もだえしながら試行錯誤の毎日です。

ファイト!

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 07:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

男女の産み分け

家庭を持ってみると男女を産み分けられたらいいのにと思う方が多いと思います。
20090704-1.jpg

【我が家も生み分けに挑戦しました】

妻と相談して、子供は4人欲しい。できれば、男の子が2人と女の子が2人がいいということになりました。

そのわけは、どの子にとっても同性の兄弟と異性の兄弟がいるのは、最低4人で、男2人・女2人が必要だからです。

いろいろと調べてみたところ、男の子が生まれやすい条件というのが共通していることが分かってきました。

【性別はいつ決まる?】

まず基礎知識として、性別はいつ何で決まるかですが、卵子には性別はなく、精子に性別があります。23組46本の染色体のうち1個(23組目)が性別を決めます。ですから、どの精子を使って受精するかで性別が決まるわけです。
20090704-2.jpg20090704-4.jpg

【精子の特徴】

そして精子の特徴として、
男性が疲れていると、男の子が生まれる精子が極端に元気がなくなるらしいです。精子は1時間もかけて細い卵管を20cm泳がなければなりません。人間の大きさに例えると5km泳ぐ距離になるそうです。精子が元気がないと辿り着けません。
男性の精子が元気がなければ、女性の精子が先に辿り着く確率が高くなるというのです。
ですから、男の子を産みたければ、よく寝て体力をつけることと、性行為を我慢して排卵日に備えるべきだということが分かりました。

また、男性の精巣は暖めると精子が元気がなくなるので、なるべく冷やした方が良いとも書いてありました。

【卵管の環境にも影響される】

精子は卵管の環境にも影響されるそうです。

女性の体が酸性になると、子宮から卵管に排出される受精を助ける粘液も酸性になり、そうなると精子が途中で力尽きて卵子まで辿り着けなくなります。そのときに、男性の精子の方が影響を受けやすいという研究結果がありました。
ですから、女性も体をアルカリ性に保つのがよいということで、カルシウムを多くとるとか、酒や甘いものを控えるとかすると、受精しやすいし、男の子が生まれやすいらしいです。

ということで、我が家では最初に男の子を産みたいという話になり、新婚なのに性行為を排卵日にあわせて我慢したり、カルシウムを多めにとったり、排卵日の前には規則正しい生活に努めました。


【その結果は?】 気になるでしょ!

なんと意識して3ヶ月目だと思いますが男の子が受精しました。
今は高校生です。

次は女の子が欲しいと考えたのですが、考えると難しいのです。酸性にしたら受精も難しくなるし、弱い精子で受精したときには、流産したり元気のない子が生まれたりするとも言われていたので。
結局は、性行為を我慢しないということであとは、あまり意識しませんでした。

その結果は?

なんと女の子でした。産み分け成功?

その後、女の子、男の子と生まれて、希望通り男の子2人と女の子2人の4人兄弟になりました。よかった。

ただ、兄と弟は9歳も離れているため、一緒に遊べないのは予定外でしたが。


【ご注意】

ここに書かれたことは科学的に正しいかどうか分かりません。私があちこちで調べてそのようにしただけで、20年近く前のことだし、今では間違いと言われるかもしれません。

ご自分で調べて実行していただければよいかと思います。

ただし、期待通りでなかったときに失望するようでは子供がかわいそうですから、どちらが生まれても嬉しいと思えるかどうかが最も重要だと思います。

子供は、望まれて、待ちこがれて、多くの人に祝福されながら生まれるのが幸せなはずですから。神様がそのようにしてアダムとエバを創造されたわけだし。
20090704-3.jpg

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日常生活の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

堕落性が同じ人は衝突する

先日、職場でチョットした衝突がありました。大人ですから喧嘩にはなりませんでしたが。
20090626-1.jpg

怒っている方の言い分を聞きましたが(聞きたかった訳じゃない)、「あいつは約束を守らないから許せない」って文句を言っていました。

約束を忘れてしまうのは問題ありですけど、しかし、まるで親の敵みたいに憎むのも異常な感じです。

じゃあ、その文句を言っている人は約束を守るかというと、守るには守るけど、何かを頼んでも快く引き受けてくれません。「余計な仕事はしたくない」ってオーラを出し続けている人です。

根掘り葉掘り聞きながら私なりに分析してみました。

その人は、約束を守ることが煩わしく感じているようでした。だから「約束したくないオーラ」を出し続けています。

約束を守らない人も問題だけど、約束を守ることが煩わしく思っている人も五十歩百歩かなと思います。自分が約束を守ることに感謝していないというか、嫌だけど我慢して約束を守っているわけです。


心の欠点を統一原理では堕落性といいます。

統一教会の信仰生活講座では、嫌いな人や軽蔑する人が現れたら、同じ堕落性が自分にあるからそれを見つける良い機会だと教えられています。
もし、自分にその堕落性が無い場合は、対人関係などで苦労している姿を見て可哀想になり、助けてあげたくなるそうです。

ということは、助けたい気持ちが出なければ、自分に同じ堕落性があるということかな?

堕落性の衝突というのは、
「自分はこんなに感謝できないことを我慢しているのに、あいつは我慢しようとしない。不公平だ! だから許せない!」

そういう心の叫びでしょうか。

結局、感謝できないと言う点では同レベルなわけで、そこを解決しないと色んな人と衝突を続けることになりそうです。

私も葛藤する人は少なくないので、自分の心の中にも色んな魑魅魍魎がいるのでしょうね。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日常生活の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。