2009年08月20日

民主党の国旗切り裂き事件に思う

先日、民主党が国旗を切り裂いて党旗にしていた事件を通じて思うことがあります。

妻を愛さない夫、妻の物を大切にしない夫は、妻を幸せに出来ないと思います。

家族を愛さない親、家族の物を大切にしない親は、家族を幸せに出来ないと思います。

同様に、国を愛さない政党、国のものを大切にしない政党は、国を幸せに出来ないと思います。


民主党は、政権奪取という自己の利益を追うあまり、国を愛する気持ちを失っているのか、それとも、元々無いのでしょうか?

そういえば、民主党が抱える日教組は、国家、国旗に反対しています。無理矢理に軍国主義と絡めています。「君=天皇」と断定できる理由はどこにもないというのが定説なのに。

sc0001.png

君が代は明治以前から、日の丸はもっと昔からあるものですからね。

日本国を愛する人に政策を委ねたいです。


◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 15:49 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント

その通りだと思います!
Posted by トキ at 2009年08月21日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126103324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。