2009年07月26日

私の知る拉致事件

コメントに書いて下さったように、拉致事件は犯罪であると、もっと声高に法に訴えるべきだったと思っています。

ただ、難しい場合があることも事実です。

私の知り合いの大学生が監禁された時は、監禁を指導したのはキリスト教の牧師でした。親を前面に立てて来るため、20歳を超えているとはいえ、学生という立場は親の保護下にあり、対する私たちは友達という立場ですから太刀打ちできず、警察からもこれ以上は強引に行っても訴えられるだけだと言われました。

その兄弟は数ヶ月後に大学に戻ってきたのですが、みんなの所に戻りたいけど、もう二度と拉致監禁されたくないと言っていました。結局、また拉致監禁されるという恐怖感から、CARPには戻ってきませんでした。いつも笑顔の明るい兄弟でしたが、無精髭を伸ばし、まったく笑顔もなくなっていました。その後、大学も中退し、家族も引っ越して、連絡取れなくなりました。

今はあるか知りませんが、学生の頃は精神病院に入れられて面会謝絶にされる兄弟もいました。病院が脱会の首謀者になっていて、精神病として診断して入院させられます。精神病患者ですから、それを合法的に連れ出す方法が見つかりませんでした。

たしか、病院から逃げ出せて戻ってきた兄弟がいたと記憶しています。病院にいるときには意識がもうろうとする注射をされていたそうです。

また、性的堕落をしたら祝福の夢を失って脱会するだろうと、親が見ている前で強姦をされて戻ってきた姉妹の話も聞いたことがあります。名前も非公開だったし、その後信仰を続けられたか、今どうしているのかは分かりません。
親が自分の娘を強姦させるというのは普通の人には理解出来ないことですが、それほどまで親が牧師や弁護士に洗脳されているということです。

どれも、陰で糸を引きながら、親を前面に立てて行動し、首謀者本人は人前には出てきません。親と親戚に対して、嘘の情報を数多く伝え、お金を出してでも直ぐに脱会させないと大変なことになると恐怖心を与え、親戚なども組織して、拉致します。
そして、周到に準備された中、地方のマンションなどの密室で改宗作業が行われるため、証拠をつかむのが難しい状況でした。

今は証拠をつかめているのか、どうなのでしょう。

でも明らかに犯罪ですから訴え続けるべきだし、食口の中でもそういう主張が増えてきました。

騙されて、娘のためにとおもって、娘を強姦させてしまった親が、将来真実を知ったとき、どれほど悔やむことになるかを考えると、改宗させられる子も不幸ですが、その親も不幸です。

子供は自分の夢を奪った親を憎むでしょう。親は自分の手で愛する子供の人生を台無しにしてしまった罪悪感で、生涯自分自身を責め続けることでしょう。

そういう意味でも、早くやめさせないといけないことです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【追記】

大事なことを書き忘れました。

奪われた兄弟姉妹を取り戻したいという思いは当然あります。また、卑怯な手を使って奪回させる人たちを許せない思いもあります。奪回工作の時間が長い場合は、本人の信念が変わっていないということだから、その間は取り戻すために最大限の努力をしました。

でも、こちらが戻るように説得すればそれだけ、その兄弟姉妹の親子関係が悪くなるし、本人が苦しくなることは明らかです。もしそれで戻れなかったら、それこそ不幸です。
だから本人が脱会すると決めたあとは、「今はそっとしてあげるのが、その兄弟姉妹にとっても、その家族にとっても一番良いことかもしれない」って思って諦めることが多かったです。

統一教会側が執念深く訴えなかった事案には、教会の人数基盤を守る事以上に、一人一人の幸せを考えて取り下げたものも多くあると思っています。

でも私たちには、希望に燃えて夢を語り合った当時の生き生きとした兄弟姉妹の姿だけが記憶として残っているので、本心は悔しくてなりません。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 01:28 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
本当に、どちらが洗脳なのか、と思ってしまいます。親の愛の弱みを利用した、明らかにお金儲け目的の犯罪です。親も、大学まで行ったご自分のお子さんを信じてあげられないのでしょうか。以前、100日を過ぎた息子を知人に預けて仕事に戻らなければならなかったとき、友人に言われました。子も親離れする時が必要だが、親も子離れしなければならないときがある、と教えられました。ご自分のお育てになられたお子さんを信じてあげて、少し距離をあげて、見守ってあげて、自立をサポートする余裕を持っていただきたいですよね。
最後に、41代B元大統領のところにどなたかが渉外に行かれた時に、大統領が言われたと伺いました。「元FBI長官として、報道がいかに事実を捻じ曲げるか知っています。私は私の目で直接確かめます。」そしてあの方は私たちの運動に繋がったのです。
Posted by たい君のママ at 2009年07月26日 03:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/124271716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

拉致監禁に見る政府の考え方
Excerpt: その兄弟は数ヶ月後に大学に戻ってきたのですが、みんなの所に戻りたいけど、もう二度と拉致監禁されたくないと言っていました。結局、また拉致監禁される という恐怖感から、CARPには戻ってきませんでした。い..
Weblog: 日々訓読生活
Tracked: 2009-07-26 12:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。