2009年06月24日

天体物理学

宇宙と言えば、地球上と同じ物理法則が使えるのも不思議というか面白いですね。

ケプラーとかアインシュタインをはじめとする物理学者は、基本的には地球上と同じ物理学を宇宙に当てはめているし、地球にあるのと同じ物質(元素)で宇宙が構成されています。

水素、ヘリウムとかメタンガスとか…。

現在110種類くらいの元素が見つかっていますけど、地球にはその殆どの元素が存在しているので、神様は地球を宇宙の縮小のように作ったのかなぁって思います。

20090623-4.jpg

地球に何気なく暮らしていますが、太陽からの距離や、大気、水分など、絶妙のバランスで生命が誕生しているらしく、地球と同じような惑星が見つかっても、生命が存在する確率はかなり低くなるらしいです。

これも神様のなせる業。

統一教会の統一原理によれば、神は人間を「我が子」として創造されたので、神様自身が考えられる最高の環境を人間に与えたそうです。それが親心だから。



◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。