2009年07月16日

徳野英治 日本統一教会会長辞任会見

統一教会の徳野英治会長が辞任会見をされました。
20090715-1.jpg

(14日の世界日報から引用)

「多大な迷惑掛けた」
統一教会が謝罪会見/特定商取引法違反事件
 印鑑販売会社「新世」(東京都渋谷区)が高額な印鑑を購入させた特定商取引法違反事件などを受け、世界基督教統一神霊協会(統一教会)の徳野英治会長(54)は13日、都内で会見し「世間をお騒がせし、多大な迷惑を掛けた」と謝罪し、会長職を辞任すると明らかにした。
 統一教会によると、信者がかかわった同法違反事件は、新世を含め、新潟市や福岡市など5カ所で警察に摘発されている。

 徳野会長は統一教会の関連施設への家宅捜索などに「道義的責任を痛感する」と表明。14日付で会長職を辞任すると明らかにした上で、「コンプライアンス(法令順守)を指導していく」と語った。後任には梶栗玄太郎同教会幹部(72)が就任するという。

 一方で、信者らの逮捕については「信者の自覚と責任が十分でなかった」「個人の経営活動に法人が指導・監督する立場にない」と強調し、統一教会の組織的な関与を否定した。

 また、徳野会長は、多くの信者が統一教会の信仰ゆえに拉致監禁され、強制的に改宗を迫られている事実に触れ、「今後、一信者に戻り、信教の自由という崇高なる人間の基本的人権を守るために微力ながら誠心誠意、努力していく」と語った。

 統一教会によると、これまで拉致監禁された信者は4000人にのぼり、多くが離教していった。同会長は、拉致監禁問題について「十分に有効な手立てなり解決策を取ることができず、ある意味では信者を奪われて、受け身の立場をただ甘受してきたような面において、私は大変責任を感じている。拉致監禁されたメンバーに対して大変申し訳なく思っている」と語った。




統一教会がこのような記者会見を行うというのは画期的なことです。こういう日を待っていました。
ただ、こんな状況で道義的責任を取って辞任するというのは貧乏くじを引くようなものだし、静かに辞任することだって出来そうなものですが、記者会見までおこなって謝罪するというのはなかなか出来ないことだと思います。さすが、徳野会長だと感動しました。

私は、20年以上前、何人かの講師から統一原理の講義を受けましたが、受け入れる決め手になったのは、この徳野会長の講義でした。
私は、論理の飛躍が見つかると、なかなか受け入れるのが難しくなる性格でして、受け入れがたい講師も多かったのですが、徳野講師は違いました。

信仰の世界ですし見えない神様の事ですから、科学や理論で説明できない部分は多くあります。その点を徳野講師は明確に話して下さり、自然科学などを元にして論理的に展開できる部分は理路整然と説明されながら、説明できないところは自分で確かめる必要がある部分であることを明確に教えて下さいました。

だから、私は、その「自分で確かめなければならない部分」を確かめて、真実であるかどうかを判断するという明確な目的を持って教会に入りました。

徳野会長が辞任されるのは残念ですが、地位が無くても常に最前線で活躍されてきた方ですから、これからも活躍されると思います。


これまで、多くの教会員(4000人近いらしい)を、暴力や薬物などで拉致監禁し、強姦したりして改宗させて、改宗料として利益を得てきた弁護士や牧師が多くいます。
ですから、会長が辞任するのなら、基本的人権を犯す凶悪犯罪を侵害した牧師や弁護士も辞任すべきだと思っています。同期の兄弟姉妹も何人も拉致されて行方不明になったり、戻っては来たが無気力な廃人のようになって大学も中退してしまった兄弟もおりました。

それでも、そんな弁護士、牧師たちを愛して許すべきなのか、正直なところ迷っています。



◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 01:01 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。