2009年07月02日

エホバの証人

我が家には10年以上前からエホバの証人のかたが来て下さっています。引っ越したり時々担当が変わったりで、現在は4番目の方です。

よく思うのですが、エホバの証人(ものみの塔)の方って純粋な信仰を持っている方が多いと感じています。そういう雰囲気を感じます。とても清さを感じます。

考えてみれば、あの難解な聖書を「文字通り」に信じている訳ですから、純粋な方でないと受け入れるのが難しいのかもしれません。
統一原理では聖書の内容をかなり現実的に解釈していて、現在の自然科学と矛盾しないので、彼らほどの純粋さは必要無いのかもしれません。


大部分は統一原理と同じだと感じました。神様が宇宙を作ったことや、神様は喜怒哀楽の感情をお持ちであること、今なお救いの摂理を続けておられる神であること、今の時代が週末であることなど、ほとんど同じだと感じます。

あえて違う部分をあげてみれば、


救いが完成した世界の違い
  エホバの証人
    肉体を持ったまま永遠に生きる。
    子どもが生まれない体になる(人口が増えない)。
  統一原理
    100年程度の寿命の後、霊界で永遠に生きる。
    子どもは生み続ける(霊界に行くため地球の人口はあまり増えない)。

家庭について
  エホバの証人
    子どもを産めなくなるため、親になることは重要ではない。
  統一教会
    夫婦になり親になってこそ本当の喜びを感じることが出来る

救いの範囲についての違い
  エホバの証人
    14万4千に相当する人だけが救われる(永遠に生きる)。
  統一教会
    悪人も含め全ての人が救われるまで神様は諦めない。

神さまの姿
  エホバの証人
    愛の神であり絶対的な存在。
  統一教会
    人類の親であるため、不幸な人のそばで一緒に泣いている。


私は統一教会に長くいるからかも知れませんが、神様は「全人類を最後の一人まで幸せにする執念を持った方」であってほしいです。我が子の中に不幸な子が一人でもいたら親は幸せになれないのですから、神様も同じだと思うし、そういう神であって欲しいです。

それに、子どもを産み育てるというのは大きな喜びです。それが出来ない社会になるというのは、とても寂しい感じがします。


これは我が家に来て下さっている方に私が確認した内容であり、もしかしたらエホバの証人の本質とは違っているかもしれません。

指摘があれば訂正致します



◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 22:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 神様ってどんな方だろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。