2009年06月23日

天動説と地動説

実は、天文学にも興味があります。

中学生のときに直径12cmの反射式望遠鏡というのを買って、モータードライブという星の動きを自動で追う装置まで買って、かなりのめりん込んでいました。

20090623-1.jpg20090623-3.jpg


あいにく東京に住んでいるため、天体観察には向かない場所なのですが、それでも冬になれば空気も透き通り、惑星中心に3日おきくらいに近くの広場まで望遠鏡を運んで星を見ていました。



ところで、ずいぶん昔の話で、天動説っていうのがありました。
今では信じている人は滅多にいないでしょうけど、地球の周りを太陽と惑星がが回っているという考え方です。

当時、神様を信じていた人たちは、宇宙を作った神が人間を作ったわけだから、私たちのいる世界が中心になるのは当然のことと考えました。

しかし、惑星のように一定のスピードで動かない星の説明に苦労し、計測精度が向上するにつれて理論とのズレが生じるたびに、それを補う理屈を付け加え、かなり複雑な理論になってしまったそうです。

ちなみに惑星って、「惑う星」と書きますが、実際に惑っているように見えるからそう名づけられたそうです。
どう惑っているかというと、恒星は毎日一定の速さで東から西に移動しています。でも、惑星は恒星より早く動いたり、時にはものすごく遅くなったりします。

たとえば、地球のすぐ外側を2年かけて回っている火星を地球が追い越すときには、火星が後退しているようにさえ見えます。

20090623-2.jpg

ここで有名なコペルニクスさんが登場します。コペルニクスは地動説を唱えたとで有名ですが、当時の宗教家たちから相当反発を食らったそうです。
「地球が中心じゃない」という考え方は「神を冒涜する」として、地動説を唱える学者の中には張り付け火あぶりの刑になった人もいるくらいです。

でも多くの宗教者の期待裏切り、地動説が事実でした。それだけでなく、地球(太陽系)は銀河系の端のほうであることがわかり、さらに銀河系は宇宙の中心から大きく外れていることもわかって来ました、

なぜ神は地球を太陽系の中心に置かなかったのでしょう?
なぜ神は太陽系を銀河系の中心に置かなかったのでしょう?
なぜ神は銀河系を宇宙の中心に置かなかったのでしょう?

傲慢にならないようにでしょうか?

なにか深い意味があるのでしょうね。




◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 科学と神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神様っていると思いますか?

神様っていると思いますか? なんて質問されたらどう答えるでしょう。
昔の私だったら、「いると思う人にはいるし、いないと思う人にはいない」なんて答えていたかも。

その程度の「軽〜い神様」もありかもしれませんが、ここは真面目に「宇宙を作った神はいるのでしょうか?」という質問にしてみます。

言い方を変えれば、「宇宙は計画的に作られたのかどうか」です。
信じる人には… では済まされない質問です。

20090623-5.jpg

「白か黒で答えろという難題を突きつけられ、
ぶち当たった壁の前で僕らはまた迷っている…」

というのはミスチルのGIFTって曲のフレーズですが(好きな歌です)、
「宇宙を作った神がいるかいないか」は信じるかどうかに関係ない客観的な事実を聞いているわけですから、答えはどちらか一方のはず。

神が作ったか、そうではないか。どちらかが正解で他方は不正解なのに、これを明確に答えられる人って見たことないですね。

人生観も世界観も変わる、ものすごく重要なことなのに。

私は小学生の頃から神を否定していましたが、統一教会の統一原理を研究してからは神様の存在を信じる人になりました。

◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神様ってどんな方だろう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時々機械いじりしてます

いまでも家電の修理は大好きです。
一家に一人、いると助かる便利屋になっています。

最近だと、TV録画するハードディスクレコーダが壊れたので修理しました。
古いアナログのものですけど、2番組同時に録画できて、パソコンからも予約操作や文字入力ができるし、録画した番組をパソコンにネットワークでコピーすることも出来て重宝しています。

DVDの読み書きが出来なくなっただけで、他の所は問題なく動いていましたので、DVD装置だけヤマダ電機で合う型番を探して買ってきて交換しました。

mainrdxs38.jpg
愛用の東芝RD-XS38

conv0001.jpg
あけてみるととても美しい!

conv0002.jpg
交換途中の写真。右が壊れたので、左が新品。

交換後は快適に使えています。
直るととっても気分が良いですね。
修理に出すと2万円以上するし、1週間以上帰ってきませんが、自分で修理したので、部品代8000円で、約1時間で使えるようになりました。

おもちゃを直したときなんかは子どもから尊敬の目で見られるので、これがたまりません。やみつきになります。やめられません。

信仰とは無関係な話題でした。(汗)


◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
 読んでくださってありがとうございます。
 できればクリックして応援お願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ
 にほんブログ村ランキング
◇−−−−−−−−−−−−−−−−−−◇
posted by 理科系おじさん at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | オタクな話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。